シロアリ対策に使える市販の薬剤~タイプを見て使い分ける~

市販されている薬剤の安全性について 市販されている薬剤の安全性について

市販のものでシロアリ対策~どういったものがあるの?~

シロアリ

マイホームにシロアリを侵入させないためには、ちゃんとシロアリ対策をすることが大切です。シロアリ対策に使う薬剤は、できるだけ健康に悪影響を及ぼしにくいものを選ぶと良いです。ここではシロアリ対策で効果的な薬剤を紹介していきます。

シロアリ対策に効果的な薬剤はどんな物がある?

エアゾール
このエアゾール剤を使えば、簡単にシロアリ退治をすることができます。またシロアリ対策をする時にも使えるので、自分で対策をする時は用意しておきたいアイテムです。しかし、エアゾール剤は容量があまり多くありません。ですから広範囲へ散布するためには、2~3本ほど用意しておく必要があります。
液状タイプの薬剤
この液剤タイプの薬剤は、水を足しながら量を増やすことができるため、広範囲への散布に向いているといえるでしょう。広範囲に散布できれば、シロアリ予防をすることができるのです。液剤と共に散布する際は噴霧器も必要となります。
粒状タイプの薬剤
粒状タイプの薬剤は、主に予防用として使われることが多いです。この薬剤は固形物なので、一度撒けば、長期間効果を発揮し続けてくれます。ですから、シロアリ対策として非常に効果的です。この薬剤は、ホームセンターで手に入れることができます。
ベイト剤
シロアリ駆除用の薬剤としてよく使用されるのが、このベイト剤です。ベイト剤は基本的に設置型なので、土の中に埋め込んで使います。ベイト剤を、シロアリに食べさせれば巣ごと一網打尽にすることが可能です。

市販の薬剤は安全なのか

市販されている薬剤には、人の健康に悪影響を与える成分が含まれています。そのため、使い方を誤ってしまうと、アレルギーを引き起こしたり、脳の発達へ影響が生じたりするリスクがあります。しかし、正しく使えばこのようなリスクを軽減させられますし、安全性が保証されている薬剤を選ぶことで安心して使用することができます。

市販の薬剤はどういったものを選べばいいか

シロアリ対策をする際に使う薬剤は、公益社団法人が認定した認定薬剤を使うと良いでしょう。この認定薬剤は、安全性の審査が済んだものなので、安心して使用することができます。しかし、いくら安全性が高い薬剤だからといっても、多少は毒性があるのです。ですから使用する際は、使用方法を守りましょう。

市販の薬剤を使ったシロアリ対策方法があった

市販の薬剤を使った自分でできるシロアリ対策方法って何かありますか?
あります。市販で販売されている専用の薬剤を使って床下や柱などに、薬剤を直接散布する方法です。薬剤散布をすることによってシロアリの侵入を防ぐことや、食害させないなどの効果があります。他にもシロアリ対策として、土壌処理というものがあります。この土壌処理は床下の土壌に薬剤を吹きかける作業をするものです。床下は、シロアリが侵入してくるルートになっていることが多いので、土壌処理はシロアリ対策として非常に有効的なものといえるでしょう。

TOPボタン